数学の泉の特長

・中学1〜3年の学習内容を、教科書の単元に合わせて編集しています。
・「数論編」は小学算数の復習を含め、数学への興味・関心を高める数のまとめです。
・「数式・関数・資料の活用編」「図形編」は、中学3年間で学ぶ学習内容を順に学習
   できるように、学年別にまとめてあります。
・発展学習として、「自由研究」「コラム」「発展学習」の学習コーナーを設けてい
   ます。
・数学用語・公式・定理など、検索に便利な「さくいん」を付けました。



数学ご担任先生へ

   目からうろこという言葉があります。人は何歳になっても「ああそうなんだ、そうだったのか!」と、時に驚き、感動することがあります。そして知らないこと、未知の世界の広さに気づかされます。
 「数学の泉」とは、こうした数学世界の探求と知る喜びの源泉を意味します。
   数学は、自然のしくみを知り、新しいことを創造する上で、科学や技術の発展の基礎として大きな役割を果たしてきました。ピラミッドや法隆寺など世界の文化遺産にふれるとき、当時の人びとの数学的知恵と技術に驚かされます。
   わたしたちは、先人の数学者たちが拓いた数学的な知恵と、数学教育の成果に基づく良質な教材を編集していきたいと考えています。それには、教科書と整合性のあるカリキュラム構成と、問題の品質そのものであるといえます。その意味では、数学の泉は「良問題・良解説のデータベース」であるとも定義しています。
   先生方のご指導・ご助言をいただければ幸いです。

(数泉編集部)

Get ADOBE READER

PDFファイルを閲覧するには、
Adobe Readerが必要です。